CASE STUDY

事例紹介

サービスで絞り込む

NO IMAGE

2021.06.23

高い利回りがいらない理由を知り、安心の財産保全と運用

レストランチェーン経営 /
70代の元オーナー社長

  • 財産コンサルティング

要約

後継者不在により、成長していたレストランチェーンを譲渡した小田社長、2年間の引き継ぎも終わり退任して落ち着いてから、改めて保有資産を見直しました。

それまで計画なしに資産運用をしていましたが、はじめて、財産コンサルタントと財産の棚卸(現状分析)を行い、財産ポートフォリオを見直した。結果、なんでいままで根拠なく無計画な運用をしていたのかと、反省。その後家族を考えた最適なポートフォリオをつくり、安心して過ごすことができている。

NO IMAGE

2021.06.23

M&Aで自社を譲渡した後(自分の築き上げた財産)にことについては、事前に何も考えていなかった。

金属加工業 /
50代2代目オーナー経営者

  • 財産コンサルティング

要約

後継者不在と今後の会社の成長のために、ファンドに会社譲渡した山本社長。
事業承継(経営の承継)を無事成功に終えたものの、M&Aの譲渡対価がそれ相応にあったので無計画に金融商品を購入してしまったというのです。

2年後のM&A業務引き継ぎ終了時、財産ポートフォリオを見直した時には財産が目減りをしていました。今後の生活と、その後財産承継(相続)のために、財産の保全や運用、そして承継の全体プランを考えることにし、これ以上財産を目減りさせてない仕組みとして、資産管理会社を設立しました。

また、資産管理会社の管理機能の拡充と、大切な家族とのコミュニケーションを増やすために、資産管理会社の役員に家族を任命し、ともに資産管理会社を運営することにし、安心して過ごせるようにしていただいた。

NO IMAGE

2021.06.23

M&A仲介会社からのDMで、事業承継が気になり迷いだす。

ビルメンテナンス業 /
2代目50代オーナー経営者

  • 承継プランニング
  • 財産コンサルティング

要約

鈴木社長、子供が音楽大学へ進学することがきまり、遠い先の事業承継についておぼろげながら考え始めたころ、M&Aの仲介会社から会社譲渡提案のDMが届き、それをきっかけに、事業承継が気になりだしました。

事業承継の勉強をして、知れば知るほど、早くから準備が必要であること。それにもまして、後継者がいないなら、企業の体制を整え、成長させ、社会に必要とされるような企業にしないと、将来承継してくれる人があらわれないことに気づき、アクションを起こします。

50前半ですこし年齢が早いように思われたが決断。
今後の業界のレベルアップ、目指したい企業づくりのため、成長を加速させるために、投資ファンドと組みました。経営は継続しながらファンドの経営資源を投入してもらいます。

一方、家族の生活の安心のため、音楽家である子供の将来の支援を考え、財産についても保全と運用をアドバイザーと相談しながら、資産管理会社設立などアクションプランとスキームを策定し、経営に集中できるようにしている。

NO IMAGE

2021.06.23

後継者が病気のため、事業承継ができなくなってしまった!

ハウスクリーニング業 /
60代のオーナー社長

  • 承継プランニング
  • 財産コンサルティング

要約

後継者がいなくなった田中社長は、事業承継を一から整理して、取りうる選択肢を網羅的に検討することと、家族とも話しあうことを始めた。そして事業承継に期待することは、自社の成長の課題となっている人材採用が大幅に進むこと、相性のあう後継経営者がみつかることであると整理した。
この期待をM&Aで実現できる可能性があることを知ったので、M&A相手を探すことを決断。納得できる相手さがしを続け、成約に至る。
また、経営承継後は、財産コンサルティングを受け安心の生活ができ、趣味や後進経営者へのアドバイスなどを楽しんでいる。

contact

お問い合わせ

個別相談も可能です。
まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せ:
10時~18時(年末年始を除く)

03-6439-5817

メールでのお問合せ:
24時間受付

お問い合わせ